• 元ケアマネ、元施設管理者が鬱により脱落!いちから再出発。

介護士!再スタート

タイトルにあるように2/16日から新たな施設で再スタートを切る予定だった!
前職場を研修期間の3ヶ月で見切りを付け、次こそは良い職場であると期待し、新施設で頑張る予定だった。
、、、が、しかし、退職の3日前に熱を出し検査するとコロナ陽性!必然的に再就職先の施設にまで迷惑を掛けることになってしまった。

まさかのコロナ!って訳でもなかった。入居者にコロナ感染が発覚し主に私がその方の居室対応をしていたんです。ばっちりとは言えないかも知れないが、入室前には防護服を着用し、マスクは入室時には取り替えてなど感染対策はしていた。ただ、車椅子に座ってご飯を食べる方だったので、ベッドと車椅子間のトランスファーは行っていた。全介助の方なので密着しないといけない。感染はほぼこのシチュエーションだと思っている。
50人近くいる利用者の対応は、常勤介護士4名という少ない人数で回している。なんて素晴らしい会社なのだ!

そんな会社のホームページの社長のページには、「社員は宝」と書いている。インスタグラムには大好きなルイビィトンで武装された社長の写真や家や車の自慢ばかりが投稿されている(らしい)。人のことは興味はないが他の職員が時々話している。
なんでこんな分かりやすい罠に引っかかってしまったのか!自分が情けない。こんな典型的な嘘に騙された自分が悪い。イヤイヤ、嘘ではない!社員は安月給で働く宝物ってことだろう。それを見抜けなかった自分が情けない。

このミスは早く取り戻さないといけないとと早々に職場を変える決心をし、母体がしっかりしている病院系列の介護施設に就職したのに、、、16日スタートのはずが21日スタートになってしまう。
前職場の愚痴などはのちのち話すこととし、今日は一つの記事を見ていきたいと思う。

朝日新聞デジタルの記事から、
「養介護施設の虐待、昨年度5件11人 県に開示請求、状況明らかに」との記事。
2022年度の三重県内の養介護施設での利用者が職員から虐待を受けた事例は、5件11人だったとのこと。
簡単な内訳は、
【身体的虐待】・叩くや押さえつけ・口をふさぐ。など
【心理的虐待、性的虐待、介護放棄】・横抱きで玄関まで連れて行き「外に出す」と脅す・ナースコールを外す・利用者の恥ずかしい姿を撮影し同僚に送信・日中うたた寝する利用者に強い口調で「寝やんといて」と言う。など
【身体的虐待、心理的虐待】・衣類の袖口を縛って体の自由を奪う・名前を呼び捨てにする・食事介助時にきつい言い方で「早く口を開けて」と言う。など
【身体的虐待、介護・世話の放棄・放任】・必要な手続きをせずに日常的にベッドで4点柵。

、、、と、このような内容。
これはアカンやろ!って言うものから、大小はあるがこれは結構見かけるよね、ってものまである。
昼夜逆転している利用者に対して昼間は起きておくように声掛けしたり、食事介助時に口を開けてくれない利用者に対して口を開けてと言ったり無理やり食事を口に入れようとしたり。家族が親のベッドからの転落を恐れてベッド柵で囲んでほしいと希望され身体拘束をする(身体拘束の説明書や記録などもない場合が多い)など。
人手の問題にしてはいけないが、人員不足でそもそもそんなに密に関われないし心の余裕もでない。それが原因であることも多いと思う。それに介護を知らない人が介護業界で働きだし、先輩のそういうところをみて育ったりしたら、そもそもそれが間違いであると分からない人もいると思う。

国は介護報酬を下げたり介護の決まりを厳しくしたりしないで、経営者は会社の利益だけを考えないで、質の良いスタッフが時間やお金に余裕を持って働ける環境を作って頂きたいと願います。

コメントを残す